ボランティアレポート(2013/2/4)

ボランティアレポート  山田 葉月

今回カンボジアを2週間訪問してまず感じたことは思っていた程、治安が悪くないということでした。

以前は、カンボジアは治安が悪いというイメージしかなかったのですが、ここへ来て一変しました。舘野学校の先生方やスタッフの方、学生さんはとてもいい方ばかりで、毎日たくさん優しさを感じました。

日本語を一生懸命勉強する学生の姿勢はとても立派で、日本語を学びたいという気持ちがとても伝わってきました。

私達日本人が無意識のうちに使い分けているニュアンスの違いにまで気づいている学生もいて本当に驚きました。また、カンボジアの英語教育のレベルは日本と比べて高いなと思いました。皆さん英語が上手く片言でしか話せない自分が恥ずかしかったです。

CJCCへ行った時、プノンペン大学の学生と話す機会があったのですが、学生は英語で書かれたテキストを読み、英語がぺらぺらでした。とてもいい刺激になりました。私は日本に帰ったらもっと勉強をしないといけないと思いました。

交通の面では、バイクの多さに驚きました。道中バイクで溢れていて、その中を横断するのには最初は勇気がいりました。バイタクやトクトクなど交通手段も充実していて、便利だなと思いました。

料理の面では、クイティウやとりご飯など日本の焼きビーフンやとりの照り焼きに近い味の料理が多くとても美味しかったです。ただ、香草は、日本には無い香りと味で、私は苦手でした。

シェムリアップで見たアンコールワットやアンコールトムやヴェンムリアの遺蹟はとても広大で、最部にまで彫刻が施してあり、それぞれがストーリーになっていてとても感動しました。

王宮や川沿いにも学生さん達が連れていてくれました。みなさんとてもフレンドリーで、一緒にお話している時間が一番楽しかったです。

この2週間でいろいろな経験ができました。先生方をはじめスタッフの方、そして学生さん、心から感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。また機会があればぜひ越させて来ただきたいと思います。