ボランティア体験記(2011.10)

11月の創立記念日は、19日の土曜日に学校での創立4周年記念パーティの開催となった。
これは、ただ今妊娠9 ヶ月目にはいったソチェット校長が、長時間のバスによる遠足には負担が大きい為、学校でのパーティ形式になったものです。
11月17日に来カンされた舘野社長をはじめ、中澤社長、中山社長、それに村田社長、大家社長も日本から参加。大勢の日本人にも囲まれ、総勢50人を越える大パーティとなりました。
いつもの様に、お姉ちゃんは数日前から準備におおわらわ!私も、近くの”ダムコーマーケット”まで、買い物に同行。仕入れた鶏肉、パイナップル、バナナ等など、トゥクトゥクに満載してTATENOまで戻り、準備に少し協力。
当日は15時半頃から生徒達も集まり始め、準備も万端。
ソチェット校長は、身重の身にもかかわらず、パーティを盛り上げようと率先垂範!
”スプーンを口にくわえ、ナツメをスプーンで運ぶ競争”、”椅子取りゲーム”など、取り入れ進行役もかって出て、パーティムードを最高潮に!
勝者には、予め準備した賞品がプレゼントされました!
又、「くじ引き」も大人気で、大半の方に賞品が渡りましたが、わずかにもれた生徒達には”残念賞”もあり、これまた大いに盛り上がりました。
舘野社長や参加された日本人社長からは,特別に”賞金”も飛び出し、当たった生徒はみんなは大喜び。
パーティ参加費は3 ドルでしたが、賞金を貰った生徒は”おつり”がくる人も出て、美味しい料理も食べれて、殆ど儲けもの!
又、スタッフは全員、今回新調したTATENOのロゴ入りTシャツ「ユニフォーム」を着用。ユニフォームは”襟付き”と”襟なし”の2種類が準備され、一部は賞品としても生徒が手にすることもできました。
参加した人たちの中には、生徒の友人も多くいて、TATENOの宣伝にもなり、さらに生徒が口コミで今後増えてくれそうな印象で、これからも期待したいと思いました。
パーティの終了予定は18時でしたが、盛り盛りに盛り上がったため、一時間以上も超過。
きっと、みんな大満足で家路に着いたことと思います。
遠足とは一味違ったイベントになり、大きな疲れもなく我々スタッフもたくさん楽しめました。
お姉ちゃんの料理も格別!特に私が気に入ったのは、”フライドチキン”でKFC(ケンタッキーフライドチキン)顔負けの超美味!加えてボリューム満点!茹でた海老も,サンドイッチも,何でもかんでも美味しすぎました。
お金もかかるし、食事の準備なども大変ですが、一年に一度のパーティもいいもんですね!
③ 新しい先生の誕生
今年は3人も新しい先生が誕生していました。
3人とも、平仮名・カタカナから新しい生徒に教えており、本当にご苦労様!
私も久しぶりに「あいうえお」の授業に参加でき、フレッシュな感じをスタートから持つことが出来ました。レディファーストで、新しい先生を紹介しましょう!
*モム先生(女性)
彼女は、昨年私がTATENOにお邪魔したとき、”みんなの日本語”を学ぶ生徒の一人でした。
それが、今年からは”先生”。11月からスタートしたばかりの授業を、夕方17時30分から担当。
コンポンチャム出身。生徒数は4人ですが、Room C 教室で「あいうえお」のカードを使いながら、女性ら
しく丁寧に教えています。生徒達も元気がよく、特に3人の女生徒は声も大きく、いつもパワー全開!
彼女は、王立プノンペン大学外国語学部日本語学科の学生でもあります。
*プロス先生(男性)
彼は、ソチェット先生の結婚式の介添え役3人のうちの一人でした。地方出身(タケウ)のためプノンペンで
はお寺に寝泊りしています。
彼も元TATENOの生徒でしたが、面白いのは、今は「田山学校」の現役学生でもあります。
真面目一本の先生!今年は12月4日の「日本語能力試験 N3」にもチャレンジ。合格を祈っています。
又、6:00から、不動産会社の秘書、レアッケナーさんに個人レッスンを行っています。
その後引き続いて、7:00からの「あいうえお」の授業を担当。レアッケナーさんも、連続して受講。向上心の
ある生徒は、とことん頑張ります。彼女はそのあと職場に直行!なかなかまね出来ろことではありません。
又、午後には日系企業の現地従業員にも日本語を教えています。
現役学生でもあり、尚且つ先生でもあるというのは、実に面白い立場ですね。
ここカンボジアでは、そう珍しい事でもないのです。たとえ学生の身分であっても、自分に知識があれば、
惜しむことなく他の人に教えてあげる!
素晴らしいとは思いませんか。
*ソヴァート先生(男性)
彼は、バッタンバン州出身。つい9月までは尚子先生の生徒だったとか。
午前中は、大学に通って”ツーリズム”の勉強をしています。彼もまた「日本語能力試験 N3」を受験しまし
た。プロスさん共々、来年2月末発表時に合格通知を期待したいですね。
彼の授業の18:30~19:30には、ソチェット校長の甥のソンバット君7歳と、姪のダニーちゃん17歳も参加
しています。
又、彼はパソコンの知識に明るく、私のパソコンの先生でもあります。
クメール語の、最新のパソコン入力フォントソフトの「Khmer Unicode Keybord」を私のパソコンにイン
ストールしてくれたり、You Tubeから日本の”歌”などを無料でダウンロードできる方法を教えてくれたり、
外国人が、日本の最新情報を知ることが出来る「Learn Japanese Online 」を紹介してくれたり、とにかく
パソコンの達人で、これからのTATENOには欠かすことに出来ない人材と思います。
又、TATENOも紹介されている、「http://3peace.org/」へのTATENO学校来校ボランティアの方々のレ
ポートや、アンケートなどの投稿作業などにも、その知識は生かされています。